しっぽサンクスデー 春の大感謝祭

2019年5月19日(日)開催!

いつも一緒にいてくれるしっぽたち。
時々、心配させられたりすることもあるけれど。そんな彼らは、りっぱに家族として一緒にいてくれるだけでいいという存在です。

そのしっぽたちにも感じていること、思っていることはあります。

もっとかまってほしい・・・
ほっておいてほしい・・・ などなど

そんな彼らからのつぶやきに耳をかたむけてみませんか?

直接言いずらいことも誰かを通じて話せることもあるかもしれません。

今回もそんなしっぽさんからのメッセージをお伝えします。

しっぽとご家族のためのフラワーエッセンスミニボトルもお持ち帰りいただけます。

※フラワーエッセンスとは、花のエネルギーを使って自分の中を調律し、
その人らしく生きることができることをサポートしてくれます。
ペット(しっぽ)と飼い主様が一緒にフラワーエッセンスを使うことで
さらによりよい、関係性を築けます。

体験レポート

みどりの母さん様のご相談内容

おかあちゃんと二人暮らしの翠ちゃん。
ツンデレで、かわいい女性です。
今回は、病院へ行く際のことやお留守番のこと、
嬉しいときはどんな時なのか、不安なこと。
おかあちゃんに伝えたいことなどを中心に
お話しさせて戴いました。

基本的な信頼関係は、
完璧でお互いの気持ちを確認しあうことに終始しましたが、
これから変化するであろう環境についても翠ちゃんは、
ちゃんとわかっていて、納得もしていますが、
やはりきちんとおかあちゃんからの説明を希望していました。
また、おかあちゃんが集中しすぎることについても、心配されていました。

お二人のお話をお聞きしながら、
私自身が何とも幸せな時間をいただけて感謝でした。

セッション後のご感想

 一緒に暮らすようになって10年、
飼い主の気持ちは以心伝心で
「なんとなく伝わるもの」と思っていましたが、
それが飼い主の一方的な甘え・勝手な思い込みで
あったと気づくことができました。
まつもとさんのアドバイス通り、
出かける前には行き先・帰宅時間を伝え、
要求鳴きをしたらその都度
「○○と○○を済ませたら遊ぶので、それまで待っててください」
と具体的に説明するようにしたら、
多少ぐずることはあっても(笑)、
以前のように激しく鳴き続けるようなことはなくなりました。
こんなに違うんだ!と驚いています。
私が彼女を理解したいと思うように、
彼女もまた私のことを理解したいと思ってくれていると分かって
うれしかったです。
相手が人であれ猫であれ、
大切なパートナーとはスキンシップ同様、
コミュニティシップを図ることも大事ですよね。
なるほど納得!の相談会でした。

 猫用に選んだエッセンスカードは
「White Chestnut」(Peace of mind is withn reach.)。
飲み水に数滴垂らしたり、
ブラッシング前のマッサージに使ったりしています。
今のところ目立った変化はありませんが、
美味しそうに水を飲み、
ゴロゴロと喉を鳴らしてお腹を撫でさせてくれる姿を見るたび、
私も心が穏やかになるのを感じています。

 そのほか、移動用のキャリーバッグ、爪切りのことなど、
細々とした悩みにもアドバイスをいただき、
ありがとうございました。
人間同様、猫の性格もそれぞれ違うので、
猫の気持ちに寄り添いながら相談にのっていただける機会は
とても貴重です。
これから老齢期を迎える彼女には、
今まで以上に心穏やかに過ごしてほしいので、
またこのような機会がありましたら、ぜひよろしくお願いします☆


らびちゃんのご相談内容

海外移住のため、一緒の連れて行けず、
里親さんを探しているということで、
名乗り出てくださった、保護主様からのご相談

今の状況は、事情をきちんと説明をしていなかったようで、
非常にや探れていて、最初はお話をあまりしてくれませんでしたが、
ご本人が非常に悲しい感情を出して、
また、この家から(里親さん家)も置いていかれるのではないかとの
不安もありましたので、

「これからは、どこにも行かなくてもいいし、
ずっとこのうちにいるんだよ」

という、メッセージとお伝えして、
フラワーエッセンスをおつくりしました。

基本、ペットたちは、話がわからないだろうと思って、
状況をお話ししないことが多いのですが、
当のペットたちはわかっていますので、
どんどんお話ししてあげてほしいと思います。

今回のケースも、里子に出されるということは決定事項でしたので、
ラビちゃんにとっては寝耳に水で、その分ショックも大きいようでした。

セッション後のご感想

 先日は、らびちゃんの言葉を伝えていただき、
有り難うございました。
エッセンスはいただいた当日から使い始めました。
直後は、相変わらずトイレを破壊したり凄んでみたりと暴れていて、
「そんなに悪いことをするなら、
本当にキャリーバッグに入れて部屋の外に出すよ!」と言い渡し、
やっぱり暴れたので、捕まえてキャリーに入れ、
暗い廊下に一時間ほど放置しました。
こちらが本気だと分かったのか、
翌日(今日)は一日中、かみついたりひっかいたりもせず、
トイレを壊すこともなく、良い子にしていました。
まだ1日だけなので何とも言えませんが、
エッセンスを与えつつ、この家のルールを教えながら、
家族で一貫した態度で接して行こうと思います。
ありがとうございました。


ローザちゃん様のご相談内容

キトンミルから保護され、手術後に保護主さん宅で、
先住ねこさんたちと静養中のローザちゃんと
お話をさせていただきました。

お話をさせていただいて、感じたことは
「感情が出てきていない」ということ。
本来は甘えん坊という片鱗はあるのですが、
ほかの先住ねこさんたちを見ても「ふーん」という感じで
こんな世界があるのか・・というポカーンとした状況。
圧倒的に何に対しても体験が不足していて、
嬉しい。楽しい。そして悲しい。さびしい。などなど
ポジティブな感情もネガティブな感情もまだまだ
出てきていませんでした。
何年も狭い不衛生なケージの中で、
子ねこを生むことのみを仕事をして来たので、脚に力がないし、
ふかふかのクッションは「足が沈む感じがして怖い」
ということで、保護主さまが、少し硬めのクッションから始めることにして、
フラワーエッセンスも同時に使っていただくことにしました。

後日、再度お話しさせていただいた際は、
女王様タイプの「なでないの?」とか、
ほかのねこさんに「シャー」といえるようになった。
というお話は出てきていたので、少しホッとしました。
引き続きエッセンスを使っていただいています。

セッション後のご感想

たかこさんの、セッション時の丁寧な対応と
真摯な姿勢がとても良いと思います。
今回は、普通の飼い猫が対象ではなかった事、
本猫が戸惑っている事もあり、
話を聞くという事が難しかったかと思います。
時間をかけて聞いていただき、ありがとうございました。

家の猫達は、相変わらずですので、話を聞くのも早く、
意地の張り合いに呆れたくらいです。
T君には、美味しいご飯を提供しました。
もう一つのご褒美は、仲裁を終えてからだと伝えておりますが、
まだしていないようです。

私たちは、毎日に生活の中で、家族の一員であるワンちゃんやねこちゃんたちに癒されることも
多いはず。その大事な家族の声を聞いていますか?
ワンちゃんやねこちゃん達は、残念ながら言葉で表現する事が出来ません。
でも、人間と同じように言いたい事やストレスを感じていて、それを何らかの形で表現しています。
人間にとっての問題行動や食欲不振など原因の一つとなるストレスをフラワーエッセンスで少しでも
減らしてあげませんか?
フラワーエッセンスは、副作用がないので人と同じように動物にも使う事が出来ます。
大切な家族のために、毎日の生活の中にフラワーエッセンスを取り入れてみてください。

ご相談会の概要

開催日時

2019年5月19日(日)10:15〜16:00 1枠30分

※当日は、お話させて頂くペット(しっぽ)のお写真をお持ちください。

開催場所

東京ボランティア市民活動センター C会議室

※JR総武線・飯田橋駅に隣接する セントラルプラザ の10階です。低層エレベーターでいらして下さい。https://www.tvac.or.jp/tvac/access.html

料金

2,000円

お申込みフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)
※緊急時のご連絡にのみ、ご使用させていただきます。

2019年5月19日(日) しっぽサンクスデー 春の大感謝祭申し込み

ご希望時間帯 (必須)

メッセージがあればどうぞ

コメントを残す